仕事・転職 働き方

【就職・転職】デキる人と思われよう!いち早く仕事を覚えるポイント

転職したけど、覚えることがたくさんあって大変。どうしたら早く覚えられるだろう?
私も40代半ばで正社員へ転職したので、本当に大変でした。今日は私がどうやって覚えていったかを説明しますね!

新しい職場での苦労

新しい仕事に就いたばかりの頃は覚えることが山積み。

まず人の名前、組織や部署の理解、物の場所、業務のあれこれ。

頭はフル回転、気も使うし慣れないし本当に疲れますよね。

特に中年の転職や異動は若い時のように頭が働かないので大変ですね(*_*;

私も今40代半ばで職場が変わり、新しい環境で一生懸命仕事を覚えた経験があります。

新しい仕事の覚え方

f:id:marondiary:20200608171351p:plain

まずは人の名前を覚える!

人の名前を覚えるのは基本中の基本。

これが遅いと業務にも支障が出るし、「デキる人間」とは見られません。

人は自分の名前を早く覚えてもらえると嬉しく、印象に残るものです。

人の名前は特に意識して覚えましょう。

人の名前の覚え方

f:id:marondiary:20200608230045j:plain

私は自分で言うのもなんですが、昔から人の顔と名前を覚えるのが得意です。

前職でも、非正規雇用のくせに正規の社員さんより個人情報は詳しく

『人事データバンク』

と呼ばれていました(^-^;

夫の地元のボランティア仲間もおおよそ把握しているし、息子の友達やそのお母さんもほとんどわかります。

どうやって覚えているのかというと、私の場合は頭の中に顔と文字がセットになっています。

その人の見た目と名前の文字の形をセットで覚えるのです。

無意識ですがそうしている気がします。

だから、顔を思い浮かべるより名前の文字を見て顔を思い出す方が多いかもしれません。

そうは言っても、今は一日何人もの人と接するし、全員マスクをしているので一度会っただけで全員覚えることは難しいです。

だから私はノートの後ろのページに、お会いしたり関わった方の名前と特徴を書き記しています。

「小太り、かつら、ひげ、○○に似てる、○○の業務を依頼してきた人」とか書いてます(^-^;

それから受け取った書類や荷物に書いてある名前を本人の顔とつなげて覚えたりしています。

人の名前を早く覚えると「あ、この人すぐ覚えるな」って印象が付きますよ!

一度覚えたことを忘れてしまったら後回しにしない

あ、あの人この前見たけど誰だっけ?

でも今はこの仕事に関係ないからいいや。

と後回しにしないことです。

先日そのような場面があったのですが、気になってノートに書いた記録を見直しながら、スタッフに「あの人なんて言う人でしたっけ?」と確認しました。

あぁ、そうだった。〇〇さんだ。

もう覚えたぞ。忘れないようにしよう。

そう思っていた矢先にその方が私の部署に来ていないか他の部署の社員さんから電話があり、その後ご本人から業務依頼がありました。

あの時「まぁまた今度でいいや」としていたら、

「あの人新人だからまだわからないのね」

となり、ほかのスタッフがフォローしていたことでしょう。

でも私は確認していたのですぐ電話の質問に答えられましたし、ご本人と対面でお話して名前を知っているということをアピールできました。

こういう小さな積み重ねが信頼を生んでいくのではと思います。

よくやり取りされている略語などは意味を確認しておく

覚えることがたくさんあって大変な毎日。

とりあえず目の前の仕事には関係ないけどよく見る略語とか名称ってありますよね。

メールでやり取りされている呼び名とかどなたかのメモとか。

そういったものはスルーせずに早めに確認しておきましょう。

これまた先日、スタッフに「この略語ってなんですか?」と確認した後に、別部署の課長さんから当然のようにその略語で業務を依頼されてすぐに対応できました。

ここでも依頼してきた社員さんに「それって何ですか?」って聞いていたら教えてくれると思いますけど、私の仕事は業務委託。

業務委託はスタッフの中で業務を共有するので社員さんに教えてもらうことではありませんし、新人なのに話が早く通じると相手も楽ですよね。

「この略語って何ですか?」

とベテランさんに聞いてみて、

「うーん、私もよくわからない。なんだろうね?」

と返されたらとりあえずその場は突っ込みません。

ベテランさんが知らないならば、急いで覚えなくても業務に支障がないからです。

逆にしつこく聞くと迷惑になるのでそこは空気を読みます。

とにかくメモを取る!

f:id:marondiary:20200704231701j:plain

上記のことでたまたま仕事がスムーズにできたとしても、本質の業務がきちんと覚えられなければ話になりません。

中には一度言われたことを忘れずに正確に再現できる人もいるかもしれませんが、私はそうではありません。

書かずに頭で覚えるタイプではありますが、そうはいっても一度教わったことを2度も3度も聞いていては、

「あ、この人覚えるの遅いな」

「何度も教えたのに」

とがっかりされてしまいます。

だからとにかくメモって、汚い字でメモったとしても後から清書するなりPCで打ち直すなどして、次に同じことを聞かなくてもわかる状態にしておくことが大切です。

まとめ

まだまだ覚えることが山積み。

一人前になるにはまだ時間がかかりそうです。

「できる人」になるまでこういったことを積み重ねて一生懸命頑張ります!

POINT

✔人の名前を早く覚える

✔忘れたらすぐに再確認を

✔よく聞く略語などは確認しておく

✔とにかくメモる

書籍も参考に。

-仕事・転職, 働き方

© 2020 マロニズム Powered by AFFINGER5