たぬき猫マロン

大怪我を負った保護猫の記録と働く主婦の雑記ブログ

猫の大学病院①

 

急に寒くなってきましたね。

 

今日はホームドクターからの紹介状を持って大学病院を受診した話をします。

 

※またレントゲン写真あります。

 

仕事を休んでいざ大学病院へ。

 

9時の予約で40分ほど待たされた後、診察が始まりました。


大学病院なので、学生さんたちの勉強のための学生立ち合い同意書にチェックを付けたら、5.6人ほど見学されていて、問診も慣れない学生さんがしてきたのでずっとこの調子なのかと少し不安に…。


学生さんの問診が終わったら担当の先生が対応してくださり、問診と血液とレントゲン検査で結果には1時間ほどかかるとのこと。

 

外出されますか?と聞かれたけれど、土地勘もないし、マロンが気になるので待合室で時間を潰すことに。

 

病院の向いに格安マッサージ屋さんがあってゴリゴリの肩をもみほぐしてもらうにはちょうどいい待ち時間だったけど、ここはマロンの手術費用のために節約節約。

 

待ち時間は待合室にいるワンちゃんや猫ちゃんの様子を眺めたり、スマホでペット保険やクラウドファンディングなどをググりながら時間を潰しました。

 

ここにいるペット達は幸せだなと思いました。

殺処分されてしまう犬猫が沢山いる中で、こうして飼い主に大切に愛され、心配してもらい、治療にきているペット達。

 

そして飼い主の皆さんはある程度お金に余裕があるんだろうなぁ。

 

うちは余裕がないので、どうか安く済みますように!

と願いながら待つこと2時間。

 

 

結果は…

 

f:id:marondiary:20191109000904j:image

(写真で気分を悪くされた方はごめんなさい)

 

「怪我はおよそ3週間ほど前のもので、おそらく交通事故でしょう。


大腿骨骨折部分の癒合が始まっています。

くっついてからでは手術ができなくなるのですぐに手術する必要があり、このままでは歩けなくなる可能性もあります。
大腿骨の骨折はボルトで固定する手術と約2週間の入院で費用はおよそ40~50万くらいかかります。

 

股関節は内側にめり込んでいるだけでなく、周りの骨盤も骨折しています。

レントゲンでは見えづらいところも骨折している可能性がありますので、大腿骨の手術の時に一緒にCTで確認をし(CTの費用は7万円らしい)、ほとんど固まっているであろう骨盤を一度3か所ほど切り離して広げて股関節をずらす手術で、最低3週間の入院、費用は大腿骨よりかかってくると思うので、その後の通院も含めると総額100万は超えくると思います。」

 

とのことでした。

 

100万…。

 

ホームドクターに30万くらいと聞いていたので、

40万、まあ50万までは何とか工面しようと思ってたけど…。

 

大腿骨だけで40~50万…。

 

途方もない金額に絶句。

 

長くなったので

次回へ続きます。

 

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村  

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村