趣味 趣味-その他

虫嫌いを克服する4つの方法

アクセスありがとうございます。

虫は意外と平気なマロニーです。

 

夏は虫の多い季節。

虫が大っ嫌い。

虫に以上にビビッてしまって自分自身困っているという方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

小さな虫がどうしても家や職場に入ってきてしまった時に冷静に対処できるようになるにはどうすればいいのか考えました(^o^)丿

今回は虫嫌いを克服する方法をいくつか提案しますね。

もしかしたら虫嫌いを克服できるかもしれませんよ(*'▽')

 

 

虫嫌いの人は多い

f:id:marondiary:20200824155831p:plain

 虫嫌いの女性は多いですね。

(たまに男性でも無理~と逃げてる人がいますがちょっと頼りないですね(^-^;)

 

虫嫌いの方って本当に恐怖と緊張で大変そう。

 

私は意外と大丈夫なんです。

得意ではないですよ。

Gだけは本当に苦手で、死骸も気持ち悪くてざわざわします。

 

あとはセミファイナル。

あのどこに飛んでいくかわからない動きと音がちょっと怖いです。

それから蜂。

危険な虫はやはり怖いです。

 

あと、昨年職場の壁にとじひもみたいな足の直径10㎝位の黒々した蜘蛛が這っていて、その時はさすがに怖くて、他の方にヘルプをお願いしましたけど(;゚Д゚)

 

でもそれ以外は結構平気です。

積極的に触ったりはしないけれど、怖くないし触るのもまぁ大丈夫です。

(Gだけは絶対に嫌!ですけど)

 

職場にも虫嫌いの人がいて、私が率先して捕獲し退治またはリリースしてあげます。

リリースできるときは必ず逃がしてあげます。

G以外は殺す方が気持ち悪いので。

 

私の好きなブロガーさんのはなさんも虫が嫌いだそうで、虫嫌いを克服する方法を検索したというので今回記事にしようと思いました( *´艸`)

puru3919.hatenablog.com

※『G』とはゴキブリのことです 

 

小さい頃は虫好きだったのに今は嫌いという人が多い

f:id:marondiary:20200824155018j:plain

 

私も子供の頃は虫好きの少女でした。

バッタや鈴虫を持ち帰って飼ったり、カブトムシの大きな幼虫を見つけて得意げに持ち帰ったら母親に

「ギャー、捨ててきて!」

って怒られてショックを受けたり、コオロギを飼ったら共喰いして衝撃を受けたり。

 

子供の頃は虫が好きだったのに、いつしか嫌いになってしまったって方は多いのではないでしょうか?

 

虫嫌いの原因

虫嫌いの原因はやはり脳が危険を回避したいのだと思います。

どう動くか予想がつかないことで自分にどう危険が及ぶか本能的に恐れているのではないでしょうか。

 

子供の頃はその危険が分からず虫に触れることに抵抗がないかもしれませんが、大人になるにつれて虫は怖いという意識が植えつけられるのだと思います。

 

私も少女時代、メスのクワガタに思いっきり挟まれて痛い思いをしたので、カブトムシは抵抗がなくても、メスのクワガタはちょっと躊躇しますね。

 

あとは、虫をひとくくりに考えて

「気持ち悪い生き物」

と思いこんでるように思います。

 

虫嫌いを克服する方法 

f:id:marondiary:20200824155143j:plain

それではどうしたら虫を怖がらずに嫌いにならずに済むか、4つの方法をご提案しますね。

克服法①殺虫剤を常備する

危険が及ぶ虫、例えば蜂やアブなどはなるべく刺されないように気を付けながら退治しましょう。

 

また、私が嫌いなゴキブリも放っておくと増えるので退治しましょう。

(見逃すなんて気が気じゃないですよね(;゚Д゚))

 

家や職場に殺虫剤をいつも取り出せるところに常備しておくことをおすすめします。

 

 

ゴキブリ用に絶対殺虫剤は準備した方がいいです。

 

 

ゴキブリは夏が来る前に薬剤をあちこちに置くと効果絶大、出なくなりますよ。

 

 

『ゴキブリが近づきたくないお部屋』とは?

 

克服法②虫の性質を知る

よく目にする虫はどういう性質のものか、理解しておくとよいでしょう。

危険のない虫は怖がる必要はないです。

その虫が危険性が低く、どんな動きをするのか知っておくことで安心できます。

 

例えば、

  • カメムシは刺激すると臭い液を出す
  • カブトムシは飛ぶけど飛ぶ前に羽根を広げる間がある
  • カブトムシはオスは短い角を掴めば大丈夫

 など、特徴を掴んでいればあらかじめ危険が予測できて恐怖が減ると思います。

 

克服法③恐れずそっと捕まえてみる

私の場合、たいていはティッシュを3~5枚掴んで、優しく包みます。

包んだまま、お外にリリース。

 

それでも気持ち悪い時はビニール袋に手を入れて、それでティッシュで包んだらクルッとビニールで縛っちゃえば大丈夫です。

一度やってみると、「結構平気かも」って思うかもしれませんよ。

 

克服法④かわいいと思い込む

気持ち悪いと思い込んでるところがあると思うんですよ。

よく見るとアゲハ蝶の幼虫とかすごくかわいい顔していますよ。

爬虫類のヤモリとかトカゲとかカエルとか、結構かわいいですよ。

f:id:marondiary:20200823182143j:plain

 

かわいい、かわいいと思い込んでみてください。

恐怖が少し減ると思います。

 

手のひらを太陽にを思い出してください( *´艸`)

ミミズだーって♪ オケラだーって♪
アメンボだーーって♪
みんな みんな生きているんだ友達なーんーだー♪

 

虫の方がよっぽど人間様が怖いですよ。

怖がらなくて大丈夫です(^o^)丿

 

注意点

キャンプなど、屋外でのレジャーの時は露出を控える、黒い服は着ない、虫よけをするなど寄ってこない工夫も必要です。

 

それでも、もし危険な虫に刺されたり、皮膚が炎症を起こしたりしたらすぐに病院で手当てを受けてくださいね。

 

私はブヨに刺されて足がパンパンに晴れて痛くて大変な思いをしたことがあります。

これが3回くらいあって、点滴を受けるほどひどい時もありました。

 

蜂は2回目が怖いといいます。

 

危険な虫が入ってきたら、かわいいなんて思わずに(^^;)慎重に対処してくださいね。

 

まとめ 

いかがでしたでしょうか。

そんなの無理~なんて言わないで、実践してみてください。

虫さんも悪気はないのですから。

 

 

今日のにゃんこ♪マロンコーナー

私の記事には毎回愛猫マロンが必ず登場します。

良かったらお付き合いくださいね。

 

虫は人間だけでなく動物からも命を狙われて大変なんですよ。

 

マロンは完全室内飼いの猫ですが、たまに家の中で虫さんに遭遇します。

 

この前、クモさんを見つけて大興奮のマロン。

Twitterでもつぶやいたのですが、壁に這っているクモめがけて立ち上がったはいいが、捕まえられずさらに着地の時に前足が餌台のお水にドボン( *´艸`)

 

本当、ドンくさくて期待を裏切らないというか予想通りというか…。 

笑っちゃいました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村  

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

-趣味, 趣味-その他

© 2020 たぬき猫マロン Powered by AFFINGER5