たぬき猫マロン

大怪我を負った保護猫の記録と働く主婦の雑記ブログ

私が昔飼っていた猫の話〜猫好きの理由〜

今日もブログにご訪問いただきありがとうございます。 

 紅葉がとても綺麗な季節になりましたね。

 

今日は昔実家で飼っていた猫の話をしますね。

 

 ミーちゃんとの出会い

私が19歳の時、実家の近くで当時猫嫌いの母(今は無類の猫好き)についてきた子猫を保護することになり、その後16年間実家の愛猫として一緒に暮らしました。

 

私は小さい時から動物が好きだったので、母が連れてきてくれた時は本当にかわいくてとても嬉しかったのを覚えています。

 

私は小さいころから動物や虫が大好きな少女でした。
ハムスターやうさぎ、インコやザリガニ、金魚、ミドリガメなど小動物は結構飼ってもらったなぁと記憶しています。

 

今考えると私は気が向いた時だけ餌をやりかわいがるだけでほとんどのお世話は母がやってくれていました。

 

母も働いていたし、実家はペット禁止のマンションだったので、飼うかどうするか数日迷って保護しているうちにさかりがついてしまいました。

 

毎日すごく大きな声で鳴いて外に出たがって大変でした。

手術すべきかどうか家族で悩み、結局避妊手術をすることに。

 

手術をしたのだから、責任をもってうちで飼おう!と決めて実家の一員になりました。

 

女の子の黒白のぶちねこさんです。

 名前はミーちゃん。

 

父はみつとかみつことか呼んでいて、弟はみわさんとかいろいろ言われていましたが、

 

ミーちゃん。

 

か弱い声で「ミー」って鳴くからミーちゃん。

 

ミーちゃんの思い出

ミーは完全な家猫でとても穏やかで臆病な猫さんでした。


何度かお外に冒険(脱走)したりしたこともあったけど、お客さんが来るとたんすの上や押し入れの奥に隠れてしまってトイレも我慢して出てこないビビり屋さん。

 

特に男の人が苦手なのか、夫(当時は彼氏)には本当に懐かなかったな。

うちに遊びに来ても全く姿を見せてくれないといつも言っていました。


でも家族にはとても懐いて、遊んだり甘えたり一緒に寝たり。

 

今まで飼っていた小動物なんかよりずっと感情豊かで、私は24歳でお嫁に行ったので5年ほどしか一緒に暮らせなかったけれど、猫の可愛さをミーに教えてもらいました。

 

お嫁に行ってからは、小さい子供を連れて帰省すると、子供や夫がいるときはいつものように隠れてしまってたけど、みんなが寝静まると私にちょっかいを出したり甘えてきたりして、何年たっても死ぬまでの間私を覚えててくれてうれしかったな。

 

ああ、書いていると思い出してきて涙が出ちゃう。

 

晩年は尿路結石や腎臓病で病院通いだったけど、16年間寝たきりにもならずに最期までいい子でした。

 

とってもかわいくて優しい猫さんでした。

 

ミーが亡くなってから何年も経つけれど、ずっと忘れたことはありません。

もし私が死んだら天国でミーに一番に会いたいです。

f:id:marondiary:20191125094703j:image


f:id:marondiary:20191125132550j:image

(画質が粗くてすみません)

 

今日のマロン

そんなこんなで猫好きの私。

だからマロンがうちに来てくれてとっても幸せなのです。

f:id:marondiary:20191125095049j:image

マロン、ミーちゃんみたいに元気で長生きしてね。

f:id:marondiary:20191125095106j:image

 

昨日私にベッタリだったマロンさん、大丈夫かな?

今日からまたママはお仕事ですよ。

 

人の側にいるのが好きみたいです。

 

誰もいないとおばあちゃんのお家に行ってるみたいだけど笑

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

今日も皆さんにいいことがありますように♪

お仕事の方もそうでない方も、いい1日をお過ごし下さい。

 

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村  

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村