たぬき猫マロン

大怪我を負った保護猫の記録と働く主婦の雑記ブログ

【猫の食欲】食いしん坊で病院へ

ご訪問ありがとうございます。

マロニーです。

今日は令和2年、2020年2月2日!ニャンニャンデーですね^ ^

 

今日はマロンを動物病院へ連れて行ったお話です。

 

 

動物病院受診の経緯

マロンのホームドクターは夫の地元ボランティアの関係者。

先日夫がその知り合いの獣医さんに

「マロンがいつも腹ペコで食いしん坊過ぎて困ってるんです」とお話したところ、

「避妊手術後診ていないし、一度栄養状態も含めチェックさせてください」と言われていました。

 

私たちも毎日の『ごはんちょーだい』の圧力と食べ物漁りには結構困っていて、

親心として

おなかいっぱい食べさせてあげたい(~_~;)

という思いもあり。

 

ワンチャン

「この子発育が不十分ですね、栄養が足りていません。もっと食べさせていいですよ」

なーんて言われることを期待して連れて行きました(^^;

 

食いしん坊猫の詳しい様子はこちら↓ 

www.marondiary.com

 

受診内容

  1. 避妊手術後の体調チェック
  2. 食いしん坊対策の相談
  3. ウィルス性結膜炎の目薬処方
  4. ノミ・ダニ駆除の薬投与

 

1.避妊手術後の体調チェック

体重3.45Kg。

体格としては肉付きも骨格も雌猫の平均的な大きさで、少しお腹が出てきているけれど、避妊手術後に体重が増えるのは仕方のない事なので、この体重をキープしましょう。

栄養状態はかなりいいです。

足りてない事は全くありません。

 

食欲は本当に個体差で、食べてくれなくて困ってる飼い主さんもいるし、偏食の子もいるしで、マロンの場合はお外で飢えた経験からかもしれないけれど、

ただ単に食欲旺盛な猫なのでしょう。

 

とのことでした。

 

だよね、わかってはいたんだけど(;´・ω・)

まぁ、食欲があることはいいことだ。

我が家に来た時1.7㎏だったから2倍に成長したしね。

元気、元気!

 

2.食いしん坊対策の相談

いつも腹ぺこなので、もしかしたらメインクーンとかノルウェージャンフォレストキャットの様な巨大種の血が薄く入っていて大きくなれずに栄養が足りてないって事はないですか?

と聞いてみたら、

 

そしたらもっと大きいはずだし、巨大種の猫も個体差により食べない子もいますよ。

 

と言われてしまいました(^^;;

 

結局食いしん坊なだけなのでした。

マロンざんねーん(~_~;)

 

対策として、体重管理に特化した専用のフードを選んで、量をたくさん食べられるカロリーオフのものを選ぶか、ドライフードを湿らせて満腹感を増やすか。

 

あとは心を鬼にすることです!

マロンは怪我の影響で、手術しなかったので排便障害のリスクがあります。

今は快便で順調だけれど、数年後出なくなって苦しむのはマロンです。

頑張って管理してください。

 

と言われました(>人<;)

 

マロンの怪我の詳細はこちら↓

www.marondiary.com

www.marondiary.com

www.marondiary.com

 

その日のうちにフードを探しに行ったら、とってもいいフードを見つけました!

 

ユニチャーム ねこ元気

去勢・避妊した猫の体重ケア

f:id:marondiary:20200128230231j:image

量を見ると、成猫は3.45Kgの体重だと約70g、9か月は125gなんて書いてあるではないか!

f:id:marondiary:20200128230246j:image

125gは多すぎだな。

大盛りに慣れちゃうと減らすのは無理そうなので、

朝晩20g→25g

昼は20gのまま、計70gにしよう!

 

しかもお値段が安い!

ピュリナワンの半値以下!

ないっスゥ〜(^.^)

 

新しいフードをあげる時は今のフードに混ぜながら数日かけて慣れさせていくんだった。

危ない、ガッツリ変えるところだった。

 

徐々に与えないとお腹に負担がかかるそうですよ。

みなさんご注意を!

 

早速あげたら、好き嫌いのないマロンちゃん、相変わらずガツガツあっという間に平らげましたがいつもより満腹感がありそうでした!

↑後日談 これ、嫌いみたいです…。

 

 

3.ウィルス性結膜炎の目薬処方

マロンは目が弱いです。

よく目がしょぼしょぼしてしまったり、片目が小さくなったりします。

目ヤニも多いです。

 

ホームドクターから、

「生まれた時に母親からウィルスをもらってしまってると思います。成猫になって治る子もいますがずっと続いてしまう場合がありますので目薬で対応していきましょう」

 

と言われています。

処方されているの目薬はこちら

ティアローズ

ティアローズ|動物用医薬品・動物用医薬部外品・アニマルヘルス製品情報|事業紹介|千寿製薬

f:id:marondiary:20200128205238j:image

 

¥1,000ちょっとです。

マロンには申し訳ないけどリラックスしているときにパッと点眼するとやりやすいです。

 

そのうち治るといいんだけどなぁ。。。

 

4.ノミ・ダニ駆除の薬投与

今まではフロントラインプラスを投与していました。

フロントライン投与の様子の記事はこちら↓

www.marondiary.com

 フロントラインプラスはノミ・ダニの卵にも効果があり、効果は約1か月。

室内飼いの猫は外猫さんに比べてノミ・ダニのリスクは低いけれど、人間が外から運んできたノミ・ダニが洋服やじゅうたん、ソファなどに付き感染してしまうケースがあるそうで、室内飼いでも駆除をすることが望ましいとのこと。

 

そういえば昔実家で飼っていたミーちゃんは晩年免疫力が落ちたのか、室内飼いなのにかなりノミが発生していたことがありました。

 

今日はフロントラインプラスではなく

「ブラベクトスポット」という駆除薬を勧められました。

www.bravopets.jp

効果は3か月。

価格もフロントラインプラスの3倍でした。

通院や投与の手間を考えて今回はブラベクトスポットを投与していただきました。

 

獣医さんがマロンのうなじの毛をかき分けて深いところにとうよしたけれど、3日くらいベトベトしてました。

f:id:marondiary:20200128205350j:image

 

診察終了

そんなこんなで、今日もおとなしく受診できました。

マロンはいつも看護師さんに『おとなしいですねー』と褒められます。

 

気に入った看護師さんの足に何としてでもしがみつこうとする、大きいラブドールレトリバーくんを冷めた目で眺めていました笑

 

大きいワンちゃんは力も強くて圧倒されますね。

ごはんもウンチもたくさんなんだろうなぁ。

 

今日はマロンの他はワンちゃんだけでした。

かかりつけの動物病院はいつもワンちゃん率が高いように感じますが、猫より犬の方が病気になりやすいのかなぁ??

 

今日のにゃんこ♪マロンコーナー

ブコメでマロンのお腹をみたいとのご意見をいただきましたので、今日はマロンのモフモフなお腹を。

 

気持ちよさそうに寝ています。モッフモフです。

f:id:marondiary:20200131140200j:image

と思ったら起きてるし!

顔こわっww

f:id:marondiary:20200131195640j:image

雑巾絞りのようにひねって
f:id:marondiary:20200131140149j:image

あんたの体どうなってんじゃい!足と頭の方向がおかしいよ!
f:id:marondiary:20200131140153j:image

にゃにか?
f:id:marondiary:20200131140146j:image

あんまり撮らないで!事務所通してちょうだい!
f:id:marondiary:20200131140156j:image

やっぱり猫って液体なのかもしれない…。

知ってます?猫液体疑惑↓ 私これ大好き!

https://www.buzzfeed.com/jp/pablovaldivia/liquid-cats-1

 

 

今日はニャンニャンデーなので、私の独り言よりマロンネタでした〜

 今日もよいニャンニャンデーをお過ごしください♪

 

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村